コールドプロセスで作る手作り石鹸OEM

自然な反応熱で石鹸を作る、コールドプロセス製法。その特徴を知っているからこそ、よりよい石鹸を作れます。

コールドプロセスは40~60日前後の熟成乾燥期間が必要になりますので、OEMのご依頼から納品まで時間をいただいています。
昔から受け継がれてきた手間暇掛かる製造法ですが、ご希望のロット数で量産出来るよう、工場のOEM体制を組んでいます。形は四角型のみで、量目は80gから100gまでしか承っておりません。ご了承ください。また、最小ロットは500個、試作は有料で40個前後となります。

油脂は減圧状態で高温(240℃~)にし、蒸気を使って精製しています。弊社では油脂精製メーカーにてこの工程を経たものを、原料油脂として使用しています。工業用だけでなく食用油等も含めて、精製してある油脂は一般的に同じような工程を経ています。